ファイナルファンタジーオンライン ファンフェスティバル2018 ラスベガス DAY2 第47回 FFXIVプロデューサーレターLIVE

ファイナルファンタジーオンライン ファンフェスティバル2018 ラスベガス DAY2 第47回 FFXIVプロデューサーレターLIVE

第47回
FFXIVプロデューサーレターLIVE

FF14 第47回PLL

パッチ4.5「A REQUIEM FOR HEROES 英雄への鎮魂歌」

いろいろな意味が含まれているタイトル
2つのパートに分かれるパッチ
・Part1は201901上旬
・Part2は201903下旬
各項目スクリーンショットやアートワークが中心
12月のPLLでは実機ベースになる
新たなメインシナリオ、シャドウブリンガーズに向けて加速するシナリオ
SSが2枚
・マキシマが登場。アリゼーとの会話がきになる。
・悪い顔の人が活躍、ガレマール帝国の人も活躍する

新しいサブストーリークエスト

・四聖獣奇譚完結
・ヒルディブランド外伝紅蓮編
スクリーンショット2枚公開、四聖獣奇譚

新しいジョブ青魔道士が実装

・新しいジョブクエスト
・青魔道士専用コンテンツ「マスクカーニバル」実装

新しいインスタンスダンジョン追加

・境界戦線ギムリトダーク
メインシナリオに含まれている
アートワーク公開
エオルゼア同盟軍が登場。ボイス付き

新しいアライアンスレイド

・リターン・トゥ・イヴァリース第3弾 完結編
 「The Orbonne Monastery 楽欲の僧院オーボンヌ」
報酬のイラストを公開
バルフレア装備。バルフレアは開発途中で出なくなった。そのかわりの装備
別のある驚きのキャラクターが登場する
もう一枚イラスト公開
4.0蛮神の報酬の犬マウントをすべて揃えるともらえるマウント「キュウビ」のイラスト
アライアンスレイドのアートワークを1枚公開

新しい討伐討滅戦

・青龍征魂戦-The Wreath of Anakes
・極青龍征魂戦-The Wreath of Snakes(Extreme)
バトルマップのアートワーク公開

禁断の地エウレカ第4弾 完結編

・禁断の地エウレカ:ヒュダトス編
アートワーク公開
ヒュダトスはギリシャ語では「水」を表す
今回は多人数の高難易度パブリックダンジョンがある
シナリオはいつものようにクリアできる
シナリオクリア後、本当に難しい14になかったような高難易度のものがある
パッチ4.5Part2公開なので直前にもう一度詳細放送をする

PvPアップデート

ライバルウイングス第2弾
・ヒドゥンゴージ(機工戦)The Hidden Gorge
スクリーンショット2枚公開
マップの中央に線路がありゴブリン列車がはしる

ゴールドソーサーアップデート

・新しいコンテンツ実装。次回PLLで公開
・新しいGATE「出撃!エアフォースパイロット」実装 Air Force One
コースターに乗って的を撃っていくGATE
ゴールドソーサーに新しい商品追加

その他のアップデート

・4人目のお得意様取引が追加
・ワールド間テレポ実装 4.5Part2以降

ワールド間テレポとは

・リムサ・ロミンサ、グリダニア、ウルダハのエーテライトから同一データセンター内の別ワールドに移動できる
・エーテライトを触り、ワールド移動を選んで行きたいワールドを選んで移動するだけ
・コンテンツファインダーのようなUIが出るので移動側のワールドの混雑状態を確認して移動できるようになる
・今現在いるワールドは「ホームワールド」になる
・他のワールドはビジターワールドとなる
・ビジターワールドにいる時間制限はない。ずっといることができる
・ビジターワールドでログアウトしても、そのままのビジターワールドにログインとなる
・ホームワールドのある同じデータセンターからならどのビジターワールドにもいける
・他のビジターワールドからも人が来る
・ビジターワールドから他のビジターワールドに行くこともできる
・ビジターワールドでメインシナリオなどを進めることもできる
・ビジターワールドでできることのほうが多いので出来ないことを伝える
・リテイナーの呼び出し、雇用ができない
・マーケットへの出品ができない。マーケットボードの閲覧、購入は可能
これでデータセンター内のマーケットはほぼ同じになる可能性がある
マーケットの統一も考えたが根本的に無理なので出来なかった
・ハウジング、アパルトメントの所持。エリアに入ることは可能
ハウジング、アパルトメントができるのは「ホームワールドのみ」となる
ホームワールドの変更は今までの「ワールド移転サービス」を使う
これが「ホームワールド変更サービス」に名称変更
・FC関連機能。FCチャットは使える。
フリカンパニーアクションなどのフリーカンパニーに関わる事は無理。フリーカンパニーはホームワールドのみに付随となる
・リンクシェルが使えない。クロスワールドリンクシェルは使える。今後どうにかしたい項目
・エターナルセレモニー実施、予約、出席。出席は今後できるようにしたい
・モグレターの使用。通知は来る
・未知の採集場所、伝説の採集場所での採集
・ジャンボくじテンダーの購入
・LoVM、トリプルトライアド大会対戦
上記3つはバランスのために出来ないようになっている

データセンターの拡張

N/A、EUのプレイヤーには大切なお知らせ
・N/AのデータセンターにCrystalが追加され3つになる
・EUのデータセンターにLightが追加され2つになる
これにともないワールドのリグループとなる

N/Aデータセンター

○ Aehter
 ・Adamantoise
 ・Cactuar
 ・Faerie
 ・Gilgamesh
 ・Jenova
 ・Midgardsormr
 ・Sargatanas
 ・Siren
○ Primal
 ・Behemoth
 ・Excalibur
 ・Exodus
 ・Famfrit
 ・Hyperion
 ・Lamia
 ・Leviathan
 ・Ultros
○ Crystal
 ・Balmung
 ・Brynhildr
 ・Coeurl
 ・Diabolos
 ・Goblin
 ・Malboro
 ・Mateus
 ・Zalera

EUデータセンター

○ Dark
 ・Cerberus
 ・Louisoix
 ・Moogle
 ・Omega
 ・Ragnarok
 ・???
○ Light
 ・Lich
 ・Odin
 ・Phoenix
 ・Shiva
 ・Zodiark
 ・???
*???は5.0公開のタイミングでワールド新規追加

データセンターシャッフルに対する救済処置

・データセンター拡張後、2週間、そのデータセンターに所属している全てのキャラクターにワールド移動を無料で全開放
・期間中1回だけではなく何回も可能。ただし移動後3日は移動不可の規制は残してある
・移動時にボーナスがつく
・移動ギルの制限解除。最大ギルの移動ができる
・移動の際、撤去するハウスは100%返金、そして家具などの補填で300万ギルを付与
・アパルトメントの撤去の場合は50万ギルと家具の補填で50万ギルを付与
データセンター拡張でいまあるワールドのコミュニティを壊してしまうのは心苦しいがこれからの発展の為に行う。



青魔道士の追加について

・モンスターの技をラーニングして青魔法に置き換えて使用するジョブ
・レベリングでは技が全く増えていかない
・ラーニングを楽しむジョブ
・FFxiv初のリミテッドジョブ
・クラスなし
・レベル1からスタート
・リリース時点ではレベル50がレベルキャップ(今後パッチでレベルキャップ開放)
・ジョブクエストあり
・ロールは遠隔魔法DPS
解放条件
・ファイターソーサラーレベル50
・2.0メインクエ終了
・2.0の権利のみで開放
リミテッドジョブとは
・ソロで楽しむジョブが青魔道士
青魔道士とはモンスターから技をラーニング、ラーニングをコレクション、ラーニングした技を使うを楽しむジョブ
ラーニングできる技には攻略バランスを壊すようなものもある、でもそれが青魔道士だから仕方ない
・パーティープレイには向いていない
もし攻略に必要な技をラーニングしていない場合はキックされたりする可能性さえある
でも青魔道士をちゃんと実装するとこうなる。
レベル5デスなどがボスに効いてしまうと開発も大変だし色々制約を青魔道士にだけつけないといけなくなる
でも世界中で青魔道士の実装はまだですか?いつですか?などたくさんの要望があった
なので3つの青魔道士を楽しむ要素を表現できればFF14の青魔道士ができるのではないかと考えた
ただこの仕組みが出来たことでMMOに向かないFFのジョブも色々できる可能性が出来た。
「ビーストテイマー」「からくし士」などなど、遊びとしてのジョブも追加できる可能性も


パーティコンテンツへの参加について

この性質により突入できないコンテンツがある
・マッチングを利用したコンテンツ
・コンテンツルーレット
・PVPコンテンツ
・ディープダンジョンやその他
レベル50なのにまったく技を持っていない青魔道士がいる可能性があるから
これを基礎設計にすると青魔道士自体がいらないジョブといわれる

レベリングについて

・<最効率>フィールドモンスターを倒す。青魔道士のみに特別計算式が入った
パッチ4.5開放時にはフィールドに青魔道士が溢れてモンスターを狩りまくる姿がみえるはず
・<中効率>パーティーを組めばコンテンツに突入できる
パーティーを組んだ状態であればコンテンツに突入できる
・<できない>コンテンツルーレットなどの使用
通常ジョブであればコンテンツルーレットに多くの経験値ボーナスがついているが青魔道士は使用できないのでパブリックフィールド上のモンスターを倒すと通常のジョブよりも多くの経験値が得られる

マスクカーニバルとは

・ウルダハに新しい闘技場がオープン
・属性魔法攻撃ができる
・敵の殲滅が目的
・1つのバトルメニューは1-3ラウンド戦で目的達成
・バトルメニューは25ステージある
・各ステージで有効な青魔法が違うので足りないならラーニングしてきたり工夫をしていくことになる
むかしのFFのように空を飛んでいるようなモンスターにはカミナリ系の魔法が有効など

ラーニングできる技の一部を紹介

・ハリセンボン
・臭い息
・シヴァの技
見たらラーニング。見る必要はあるけど、技をくらう必要はない。

ラーニング関連まとめ

・モンスターの技は対象モンスターが青魔法として習得可能なアクションを使用したあとに討伐すると「まれ」に習得することができる。アートマのような「稀さ」。モンスターによって確率が違う
・青魔法はレベルアップでの習得はなし
・バトル中にMPを消費する
・強力な青魔法ほど消費MPが多い
・実装時点では習得できる青魔法は49種類
・レベルキャップで習得する青魔法は増えていく
・使える青魔法は24個を選択して使用していく
・49個の技の種類はわからないが、どこにあるかはわかるようになっている。なので予想する必要があるので世界中のみんなで探してほしい。

派手目のラーニングアクションを紹介

・シヴァの技
・エラプション。イフリートは数種類いるが極やノーマルではラーニングの確率が「多少」違う。パーティコンテンツ突入でしかラーニングできない技は交代などしながらラーニングしていくような遊び
・マイティーガード。タンクLBⅡの技名を使った。これに伴いタンクLBⅡの技の名前が「ストロングホールド」変わった
・アクアブレス。青魔道士は青魔法をつかって色々はく。レベル5デスなど。青魔法と言ったらこれ!を入れている

重要なお知らせ

これからあるファンフェスの紹介
・パリ 2019年2月2-3日
・日本 2019年3月23-24日
・ファンフェスアイテムの紹介。マウント:SDSFebrir、ミニオン:ティファ
・Encyclopedia Eorzea The World of FINAL FANTASY XIV Vol.II発売
会場の売り切れはコージのせいである。eStoreにはまだ少しある。
・PRIMALSのBlue-rayDiscの紹介
・さかな手帳のThe VegetarianのPOPの変更。セッションで来場者の意見に応えて緊急対応


FF14 第47回PLL
FF14 第47回PLL

FF14カテゴリの最新記事