ザ・プラットフォーム

ザ・プラットフォーム

尾原和啓氏

目次

第一章 プラットフォームとは何か?−IT企業、国家、ボランティア活動
    プラットフォームとは何か
    IT企業のプラットフォームに注目する二つの理由
    プラットフォームが私たちの生活を左右する
    今までの世界で最大のプラットフォームは「国家」
    持続的な仕組みをつくる

第二章 プラットフォームの「共有価値観」
      −グーグル、アップル、フェイスブックを根本から読み解く
    プラットフォーム運営に欠かせない視点「共有価値観」
    巨大IT企業の共有価値観を読み解く
    幸せなグーグルの共有価値観
    「グーグルグラス」のコンセプトビデオに込められた哲学
    「マインドフルネス」の目指す世界
    グーグルはなぜ自動運転車をつくるのか?
    アップルの哲学を読み解く
    グーグルvsアップルの根本的な違い
    共有価値観がわかれば世界が見える
    ビジネスの戦略をより深く理解する
    フェイスブックの共有価値観
    フェイスブックはなぜユーザーを広げたのか
    マイペースvsフェイスブックで勝敗を分けたもの
    人間関係が劇的に変わった
    薄く広くつながることのメリット
    フェイスブックが情報の流れを変える
    フェイスブックはなぜオキュラスを買収したのか
    人間関係のOSになる

第三章 プラットフォームは世界の何を変えるのか? − 3Dプリンタ、教育、
                         シェアリングエコノミー

    世界を変える三つのプラットフォーム
    3Dプリンタの可能性
    インドに3Dプリンタを設置する
    プラットフォームとしての3Dプリンタ
    世界と変える「ものづくり」の新潮流
    米国の教育費は倍増している
    教育や学習を根本から変える
    「カーンアカデミー」が変える教育の世界
    プラットフォームとしての教育
    リーダーは環境が育てる
    学習の中心は課題設定能力に変わる
    シェアリングエコノミーの原理
    シェアを可能にしたもの
    アマチュアのシェアを可能にした要因はファイスブック
    移民のファーストステップになる「ウーバー」
    シェアリングエコノミーが変える世界
    シェアリングエコノミーの先にあるもの

第四章 プラットフォームは悪なのか?−ビジネスモデルの重力、ネットの倫理、
                       現在のリベラルアーツ

    ビジネスモデルの重力
    広告とメディア企業
    不安喚起という負の重力
    プラットフォームと向き合う態度
    ネット社会の倫理
    倫理は私たち自身がつくるもの
    プラットフォーム運営者は替わるもの
    現在のリベラルアーツ

第五章 日本型プラットフォームの可能性−リクルート、iモード、楽天
    日本のポテンシャルは「BtoBtoC」サービスにある
    リクルートの共有価値観「まだ、ここにない、出会い」
    人生の大切な選択肢を提供する「おみくじビジネス」
    儲かり続ける仕組みつくり「バンドエイド戦略」
    「ゼクシィ」という発明
    リクルート最大の強み「配電盤モデル」
    「ゼクシィ」の仕掛けた「幅」と「質」のループ
    「顔ぶれ営業」により価値を増す
    ユーザー獲得は営業の力
    「ゼクシィ」に見る”幸せの迷いの森”
    プラットフォームとしての「iモード」
    徹底的に参加する企業の敷居を下げる
    持ち込まれた「リクルートイズム」
    すぐれたユーザー観察眼から生まれた絵文字
    夏野剛さんの「健全な保護主義」
    保護から巣立つコンテンツプロバイダー
    公式メニューを支えた「ミスター・フェアネス」
    iモードにあってグーグルやアップルにないもの
    楽天はアジアのネイトマーケット
    「三つのL」が「ほしい」をつくる
    アマゾンより楽天の品ぞろえが多い理由
    ビジネス側の支援に強い日本型プラットフォーム

第六章 コミュニケーション消費とは何か?−ミクシィ、アイドル、ニコニコ動画
    コミュニケーション大国「日本」
    日記が好きな日本人
    ミクシィの強さの源泉「ラダー」の設計
    「足あと」は相手の行動をうながす
    「コミュニケーション消費」の本質はTシャツにあり
    「バッジ」が大事
    なぜミクシィはユーザーを失ったのか?
    ミクシィは自分たちの強みに気づいていたのか?
    グループアイドルと連歌
    AKB48と楽天の共通点
    「コミュニケーション消費」は海を超えて広がる

第七章 人を幸せにするプラットフォーム
    「リベラルアーツ」としてのプラットフォーム
    人を幸せにするプラットフォーム
    誰もが起業家になれる
    未来に楽観的であること
    自己実現のプラットフォーム

あとがき
    すべては「ふむふむ」「ワクワク」から
    私がインドネシアのバリ島ウブドにいる理由
    人と人をつなぐプラットフォーム
    最後に


前のめりのしのび 書籍カテゴリの最新記事