戦術の本質

戦術の本質

元・陸将補 木元寛明氏

目次
はじめに

第1章 戦いには不変の原則がある
 1-1 戦いの原則 戦いには守るべき基本の原則がある
 1-2 目標(Objective)目的・目標を確立し、徹底して追求せよ
 1-3 攻撃(Offensive)イニシアティブを奪い、敵を我に追随させよ
 1-4 集中(Mass)戦闘力は兵数の2乗に比例する
 1-5 兵力の節用(Economy of force)すべてを守ろうとするものは
    すべてを失う
 1-6 機動(Maneuver)形而上下のあらゆる戦闘力を決勝点に指向せよ
 1-7 指揮の統一(Unity of command)軍隊の指揮官はオーケストラの
    指揮者のごとくあれ
 1-8 警戒(Security)奇襲を防止し、行動の自由を確保せよ
 1-9 奇襲(Surprise)想定外こそが奇襲の本質である
 1-10 簡明(Simplicity)シンプル・イズ・ベスト
   Column❶ グスタフ・アドルフの野砲 野戦の戦術が様変わりした

第2章 戦いの基礎
 2-1 戦闘力 その① ナポレオンは「戦術を知らない」と酷評された
 2-2 戦闘力 その② 戦闘力しようの原則は集・散・動・静
 2-3 戦闘力 その③ 戦闘力を構成する8要素
 2-4 戦場の地形 地形を「OAKOC」の5要素で評価せよ
 2-5   戦場の気候 暮幕に膚接して敵陣地に切迫せよ
 2-6   情報 その① 情報は自動的には上がってこない
 2-7 情報 その② インフォメーションとインテリジェンス
 2-8 戦闘力の維持 戦闘力を維持し、増進する戦闘サービス支援
 2-9 兵站 その① 段列は任務に応じて編成される非常設部隊
 2-10 兵站 その② 補給幹線は戦闘力維持の大動脈
 2-11 兵站 その③ 補給は主要装備から個人の格好品まで
 2-12 衛星 その① 戦傷者の現状治療および後送
 2-13 衛星 その② 戦闘・作戦ストレス患者の現場治療
 2-14 人事サービス 部隊の人的戦闘力を維持・増進せよ
 2-15 C4ISR その① 現在戦はネットワークの戦い
 2-16 C4ISR その② サイバー戦は「第5の戦場」
   Column❷ ライフル銃 射程と命中精度は滑腔銃の5倍

第3書 戦いのサイエンス
 3-1   攻撃機動の方式 まず迂回、次いで包囲の可能性を追及せよ
 3-2   迂回 防者に陣外決戦を強要
 3-3   包囲 その① 敵の弱点である背後または側面からの攻撃
 3-4   包囲 その② 包囲の終末段階は遭遇戦または突破となる
 3-5   突破の理論 J.F.C.フラーは突破を化学的に分析した
 3-6   突破 突破正面に徹底して戦闘力を集中
 3-7   浸透 隙間から潜入して特定の目標を達成
 3-8   徒歩行軍 事後の戦闘に最適な状態で到達する
 3-9   接敵行軍 敵との接触・戦闘を予期して行軍する
 3-10 遭遇戦 その① 現在戦でも遭遇戦は起こり得るか?
 3-11 遭遇戦 その② 遭遇戦の特色は主導権の争奪戦
 3-12 防御 その① 防御は他の決定的行為に従属する戦術行為
 3-13 防御 その② 防御の勝ち目は「待ち受けの利」にある
 3-14 防御 その③ 現在戦の特色は立体防御
 3-15 防御 その④ 機動防御は理論上の防御方式?
 3-16 戦力転換点 戦いにはターニングポイントがある
 3-17 攻者の打算 その① 攻勢終末点を戦力転換点以前に求める
 3-18 攻者の打算 その② 戦場から離脱する敵を速やかに捕捉撃滅せよ
 3-19 防者の打算 攻勢防御は敵の撃滅が目的
 3-20 後退行動 敵との接触を断ち、敵から離隔する
 3-21 各個撃破の理論 その① 勝機を創意してランチェスター理論の適用
 3-22 各個撃破の理論 その② 敵の兵力分離の好機を見逃すな
 3-23 各個撃破の理論 その③ 対着上陸作戦は上陸直後の浮動状況を衝け
 3-24 相互支援 常山の蛇のごとく心手期せず反応せよ
 3-25 コンバインド・アームズ 戦闘力を最も効果的に発揮する部隊編成
   Column❸ 蒸気機関の性能向上 鉄道が重要な役割を担った

第4章 戦いのアート〜指揮官の決断
 4-1   旅団本部の幕僚組織 作戦を計画し、調整し、監督して指揮官を補佐する
 4-2   意思決定の理論 状況判断プロセスは問題解決法
 4-3   ステップ1 任務の受領 すべての活動は任務の受領から始まる
 4-4   ステップ2 任務の分析 任務を分析して作戦目標を確率する
 4-5   ステップ3-① 行動方針の案出 複数の特色ある行動方針案を列挙せよ
 4-6   ステップ3-② 相対戦闘力 相対戦闘力は有形・無形の各要素で比較せよ
 4-7   ステップ4 行動方針の分析 赤と青に分かれてウォーゲームを実施する
 4-8   ステップ5 行動方針の比較 指揮官に報告する最良の行動方針を決める
 4-9   ステップ6 行動方針の承認 指揮官は全人格をもって決断する
 4-10 ステップ7 計画・命令の作成 計画・命令を作成して指揮下部隊に
         下達する
 4-11 危険見積 危険要素を識別し、危険を軽減せよ
 4-12 情報見積 戦場の環境を知り、敵の可能行動を明らかにせよ
 4-13 METT-TC 小部隊指揮官・リーダーの指揮手順
  Column❹ 内燃機関の発明 戦い方が画期的に変わった

第5章 アートとサイエンスの叙事詩〜戦史の華
 5-1   各個撃破 その① 日本海海戦はアートとサイエンスの精華
 5-2   各個撃破 その② ナポレオンはガルダ湖畔で急戦術を一変した
 5-3   エアランド・バトル 戦い方はフットボール方式からサッカー方式へ
 5-4   南北戦争(Civil War)職人軍人が指揮する近代戦の走りだった
 5-5   鳥羽・伏見の戦い 幕府には武官を養成する学校がなかった
 5-6   北方4島のソ連軍 自衛隊の侵攻に備えていた?
 5-7   フォークランド紛争 その① 英国はフォークランド諸島を奪還した
 5-8   フォークランド紛争 その② アルゼンチンはフォークランド諸島を
                  失った
 5-9   幻の「Plan1919」敵の司令部を攻撃して指揮系統を麻痺させる
 5-10 アレシア攻防戦 カエサルの『ガリア戦記』の世界
 5-11 内線作戦 最初にもっとも脅威となる敵を叩け
 5-12 外線作戦 敵を包囲し、これを捕捉撃破せよ
 5-13 ルンガ沖夜戦 見張り員の裸眼とレーダーの対決
 5-14 スオムサルミの戦闘 フィンランド軍のモッティ戦法
 5-15 独断専行 香港攻略作戦は独断専行で幕を開けた
 5-16 情報軽視の体質 我が物差しをもって敵を計ることの愚
 5-17 闘魂:敵中突破 海兵隊は仲間と装備を見捨てない
 5-18 軍記の保持 北清事変参加の日本軍は模範的軍隊だった
 5-19 北アフリカ戦線 その① 広漠たる砂の海で神出鬼没したLRDG
 5-20 北アフリカ戦線 その② 砂漠戦は騎士道フェアプレイの戦いだった
 5-21 兵どもが夢の跡 外国艦船の江戸湾侵入を阻止せよ
  Column❺インターネットの衝撃「第5の戦場」の火ぶたは切られた

 参考文献
 索引

前のめりのしのび 書籍カテゴリの最新記事